ジェネリック医薬品にランクがある?


ジェネリック医薬品の認知度はここ数年でかなり広がっていると思います。
メディアでも沢井製薬や東和薬品はよく宣伝をかけていますね。

でもオーソライズドジェネリック(AG)って聞くと ?? となる人は多いのではないでしょうか?

オーソライズドジェネリック

オーソライズドジェネリック医薬品

つまり、元々の先発医薬品の会社が、ジェネリック医薬品として同じ成分のジェネリック薬を作るんです。

こうすることにより、まだ特許などに守られている製法なども同じように作れるので、パッケージは違うけれど、先発医薬品と全く同じジェネリック医薬品になります。

オーソライズドジェネリック医薬品

まとめると以下のようになります。

価格 成分 製法 体内動態
先発医薬品 高い 全て同じ
オーソライズドジェネリック医薬品 安い 先発と同じ 先発と同じ
普通のジェネリック医薬品 安い 先発と違う 先発と違う可能性がある

 

ただし、注意点がいくつかあります。

・オーソライズドジェネリック医薬品(AG)がないジェネリック医薬品も多い。

→新しい種類の薬なので、まだまだ数は少ないです。多くの成分ではまだAGが無いものが多いです。

 

・薬局に行ったときには、処方箋を渡すときに自分で「オーソライズドジェネリック医薬品を希望します。」と伝えないと、普通のジェネリック医薬品が出る可能性がある。

→どのメーカーのジェネリック医薬品を扱うかは、薬局が各々で判断しているので、AGがある医薬品でも、他のメーカーのジェネリック医薬品を投薬される可能性があります。

 

・そもそも処方された医薬品にオーソライズドジェネリック医薬品があるかわからない。

→薬局に行ったときに、薬剤師に聞いてみてください

 

以上がオーソライズドジェネリック医薬品についてでした。

オーソライズドジェネリック医薬品

 

まあ特許が切れた先発メーカーが、 ”どうせジェネリック医薬品にシェアを取られるなら、売上は落ちるけど、自社で先発と同じだけど薬価の安いジェネリック医薬品を作ろう” って考えたわけですね。

でも、普通のジェネリック医薬品メーカーの中には、それを逆手にとって、フイルムシート状や、口腔内崩壊錠など、先発メーカーが作らなかった剤形で勝負するところもあります。

 

したらねー!
タカリコ

(Visited 36 times, 1 visits today)