置かれた場所では咲けないときは


どーもタカリコです。


『置かれた場所で咲きなさい』(渡辺和子著、幻冬舎)という本が以前ベストセラーになりました。

置かれた場所で咲きなさい
置かれた場所で咲きなさい


私も紹介されて読んだんですけど、いまいちピンとこなかったんですよねー。

 

 なぜなら、私は必ずしも、置かれた場所で咲くことが正しいとは思っていないからです。

 

もちろん、置かれた場所で咲くことができればベストだと思います。

そこで全力を尽くせばいい。

でも、全力を尽くしても咲けないと思ったら、咲ける場所を探したほうがいいんじゃないでしょうか?


ヒトにとって何が幸せかといえば、元気なときに自分のやりたいことができることだと思うんです。

やりたい仕事がやれず、悶々としながら、窓際に追いやられ、年老いていくとしたら、それは不幸せです。


置かれた場所で咲けなければ、別の場所を探せばいい。そして会社や社会は、それを応援すべきじゃないですか?

 

これは世代を問いません。

ある試算によれば、2030年には日本の労働力は約1000万人減少するといわれています。

ということは、AIやオートメーションで定型業務の仕事は減るかもしないけど、その分非定型業務は増えるので、食いっぱぐれる可能性は低いと思うんですよねー。

そしたら、自分のやりたいことに向かった方が良くないですか?

自分の咲ける場所を探さないなんてもったいないと思うんです。

 

みなさんはどう思いますか?

 

したらねー!

タカリコ

(Visited 26 times, 1 visits today)